折り返し、5回まで来てカズ君編最終回?「恋せぬふたり(5)」さらっと見たけど色々きついなぁ

作品感想

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

 

(ここからネタバレ含む感想です)

 カズ君一生一代の告白

 

カズ君一生一代の告白を…。高橋さん後ろにいるぅー!え、旧お祖母ちゃんの部屋で喋ってたんじゃないのかよ!(何となくそう思ってた)

 

ルームシェアする予定だった友人の千鶴と連絡がつかない。職場もいつの間にか変えている。小田原の系列店に移ったらしい。

 

なるほど、次回予告で旅行っぽいことしてたのはそれね。千鶴に会いに行くのね。

 

 

 千鶴が離れた理由

 

咲子を抱き締めた時に気付いてしまったんだと千鶴は言う。

 

あぁそうか。
あのシーン「独特だなぁ~、咲子→千鶴の依存度の現れか~」と思ってたんだけど、千鶴にとって悟る瞬間のシーンでもあったんだ。

「早くいい人できるといいね」の“捨て台詞”が、今となってはキツイ。

 

( ↓ 依存度高いのかな、と思った第1回の感想)

 

咲子の心情を表すかのように影が差す。これどうやって撮ったんだ? 自然に日が陰るのを待ったのか?人為的に暗くしたのか?

 

撮影技術のことはわからないけど、くるくると変わる海辺の光が二人の感情そのもののようだ。

 

「また髪切って」でとりあえずこのシーンはいい話っぽく納めたが…。かろうじてこの先の縁も繋いだが…。

(脚本批判しているのではなく、咲子も千鶴もこの辺を落としどころにしておかないと、とても今日一日で決着をつけられる話でもないのだ、と受け止めている)

 

「相手が望まないものを自分は求めてしまうのに、今までみたいに一緒にいることなんてできない」

 

 

 

…そしてそれは…。カズ君との関係にも言えること…。

 

 

 その頃お留守番の高橋さんとカズ君は

 

カズ君は武将コスプレしていた。

 

すごいな~全力で楽しめる人は。

 

「相手の還る場所になる」

 

そう聞かされた瞬間の高橋さんが城を背に映るのだが、ここの表情がよかった。

 

高橋さんと共に、見ているこちらにも腑に落ちた。

後ろにそびえているのが堅固な小田原城であるというのも説得力を増す。

外の世界でどれだけ色々あっても、そこに戻ってきさえすれば心を守ってくれるか。

不可侵の場所になってくれるか。

 

 咲子 再びの解散宣言

 

高橋さんは先に帰り、咲子はカズ君と話し合うべく残った。

 

さっきからそうだけど、ほうじ茶ラテやら温泉の素やら、咲子の欲しがりそうなものささーっと用意してくるカズ君。

観察してるよねぇ。意識しないで、やれてしまう人なんだろう。

 

 

 

 

あー、そうか。カズ君にも両親と兄家族がいるのか。

 

『カズ君と家族になると、漏れなくこの人たちとの温泉旅行もお付けします!』…面倒だなぁ…。と思ってしまう私はつくづく無精なのか。

 

カズ君一人は理解を示してくれたとしても、そこから縁ができた人たちに、また一から説明したり、子どもはどうするんだと言ってきたりするのをかわしたりしないといけないのか。面倒だなそれは。

高橋さんが事前回避型になるのもわかる気がする。

 

 

 

 

 

カズ君に無理とか我慢とかさせたくないという咲子。

 

だーよーなぁ…。先週ラストでも思ったけど、どっちかの我慢の上に成り立つような関係は、なぁ…。

 

 

だけどなぁ。どっちかが我慢するもんじゃない、のは前提として

でも、どうしても、何から何まで全部共有できなきゃいけないの?

とも思うんだ。

 

100%、合う人に巡り合うなんて、そうでないといけないと思うなんて、それこそ砂丘から…なんだっけ、みたいな確率だと思うんだけど。

 

価値観違う人と擦り合わせて暮らしていくのも共同生活の妙だとも思うんだけど。

 

あ、いや、でも恋愛的指向、性的指向はこれだけでは片付けられないかー。

なんてしんどいんだろう。

 

 

 

 

咲子は告げる。

重い決断である。

でもいつかは向き合わないといけないこと。

 

私はこういう衝突が嫌さに、色んなことを後回しにしてきたなぁ…。と、これは自分語りか。

 

 

 次回予告では

 

さて次回予告では咲子の妹…実家の面々が第2回以来の登場の模様でございます…。

 

うへ~。地獄の実家絡みが再び!?

 

私は、聞き取れるか聞き取れないかのぼそぼそ声で「家に帰ってこい」と言った親父殿こそ、かなりの曲者だと思っているのですが、どうなるのでしょうか。

広告

タイトルとURLをコピーしました