「ルーラーシップ&ドゥラメンテ産駒を追う」 2022日本ダービー

競馬
スポンサーリンク

 NHK見ることにしました

 

別に先週のオークスで放送が切れたことを恨みに思っているのではありません。

 

 

 

 

うん、恨みには…思ってない。トラウマになったかもしれないけど。

 

 

いや、今日は自分の推し馬が世間の人気を集めていないこともあり(デシエルト14番人気)

淡々と話が進むNHKにしよ、と思った次第です。

 

おおお、さすがNHK。なんか荘厳だ。

 

 パドック

 

デシエルト、カッカしてるように見えます。

 

まぁ、基本そんな仔だから仕方ない。

 

母セプターも、ドゥラよりヤバい奴扱いだったからなぁ。

 

ドウデュースの後だからより顕著に見えるのか。

 

『前向きに歩いているという印象です』 ありがとうございます!モノは言い様だ。

 

「とまーれー」の号令かかりました。

 

おや、今デシエルト牽かれていかなかった?

 

 地下馬道やら調教動画やら

 

ビーアストニッシドが牽かれていきます。”あの馬”だよね?

 

(ちょうど数日前に、生産者のヴェルサイユファームさんの記事を読んだのです。
現会長は元ジェンヌさん。巡り合わせって不思議だな~と思います)

 

そして引退馬牧場であるYogiboヴェルサイユリゾートファーム

 

( ↑貼らせていただきました)

 

あれっ!? デシエルト!もう本馬場に入ってるそうです。

 

そりゃそうした方が無難だな。

他馬と少し距離取って、程よくガス抜きして…。

 

 本馬場入場

 

拍手拍手!

 

抜けるような青空。緑の芝。

 

そして戻ってきた観衆。

 

お祭りだなーって思いつつ、この炎天下にみんな凄い情熱だな…と若干引いてます。

 

この日は夏日。

 

みんな大丈夫なの?

 

私はさっき少し外に出ただけで、もう熱中症の気配なのですが。

 

 

 

『迷いなき逃げを打ちます、デシエルト、岩田康誠』

 

うんうん、頼むよ!

 

そのデシエルト、落ち着いてるように見えます。

 

 

 調教師 そしてジョッキー

 

ホースマンの憧れの舞台、日本ダービー。

 

ここで調教師にスポットが当てられました。

NHKが得意としそうなドキュメンタリー風味です。

 

 安田調教師

69歳にして初めて、育てた馬がダービー出走。

 

凄い。夢があるなぁ。

 

その馬が、他ならぬデシエルトです。

 

こりゃ下手な走りはできないな。

 

杉山調教師は、逆に、若っっ!

 

そして、父から子へ。橋口調教師。

 

他にも飯田調教師、奥村調教師、吉岡調教師。

今回は6人の調教師が初めてダービーに挑まれるそうです。

 

有力馬の返し馬や前走の話が続いて…刻々と発走が近づいていきます。

 

 初騎乗のジョッキー

 

ダービー初騎乗は

  • 岩田望来(言わずと知れた岩田康誠の子息)
  • 横山和生(タイちゃんの!)
  • 菅原明良(「任せてください明良さん!!」オニャンコポンとの進撃ネタで話題をかっさらいました)

 

親子で出てるってのも凄いな。

 

 

 輪乗り

 

『レース展開の鍵を握るデシエルト』

凄いじゃん!もっと敬意をはらいたまえデシエルトに。

 

 

キラーアビリティ、むちゃくちゃ先入れ。しかし大丈夫? まだけっこう時間あるよ????
(練習させてたみたいです。あー、そうだよねー。びっくりしたぁ)

 

そうかぁ。お客が入るのを全く体験したことがないのかぁ。

 

ダノンベルーガ、荒ぶってます。

 

デシエルトは、注目集めてるよ!

 

 

 スタートしました!

 

皐月賞はスタート直後に躓いたように見えたデシエルトでしたが、今回は綺麗に出ました。

 

『デシエルトは好スタートを決めました!』

 

やはり先頭指定席! 彼らしいポジションをきちんと取ることができました。

 

よし!見せ場は作った!

 

いや、見せ場で満足してちゃダメだ。ファンが信じなくてどうする。

 

数十秒後

『もう誰も追い付けない!!』

なんてことにはならないかな?

 

 

後で

「誰か鈴付けに行けよ!」「なんで好きにさせてんだ!」

なんて“ネット大荒れ”にならないかな?

 

 

後続との差が詰まってきました!
ん、ん、これは【息をいれてる】のだと思いたい!!

 

直線入って岩田さんがやけに後方確認してるっぽい…んですが。

 

何かあった?そんなもん? (一説には子息がどこにいるか探してたとか…デシエルトに怪我がないならどうだったっていい)

 

んー、あー、飲まれるなぁ、抜かれていくなぁ…。

 

おぉ、凄い!

武豊さん!!

 

あぁ…。

この結果、いいんじゃないでしょうか…。

 

久々にお客さんが戻ってきたダービーで、競馬の祭典で、レジェンドが栄冠を掴む。

 

物語があります。

 

 

 

どよめきも、拍手も、ダービーは独特のものがあります。

 

競馬に関わる全ての人の、夢の頂点に立った一頭。そしてその年に一人しかなれないダービージョッキー。

 

賭け事を超えて、新しい王の誕生を讃えて送られる拍手。

 

そこに立ち会えたことに酔いしれる、自分含めての、観衆。

 

おおお。豊コールだぁぁぁ。

 

…ん、大声出してよかったのか?

 

いいか。一瞬だし。

 

 

(さて、そうこうしているうちに「地震がおきました」のテロップが。

すぐに二の句が継げないのが、震度がすぐに続かないパターンなのが「嫌な予感」です。

あ、やっぱりちょっと大きかったんだ…。

放送中に、一番大きかったところで4、津波の心配はなしと判明しました。まずは一安心)

 

関係者の皆さま、おめでとうございます!

 

 ダービー終われば

 

さぁ、また新しい年が始まります。

自分も心機一転(競馬のことに限らず) 頑張っていく予定です。

 

タイトルとURLをコピーしました